新型RAV4のボディサイズは?気になる情報を公開




2019年の4月に発売される新型RAV4のボディサイズはどの様になるか気にしている人は多く、様々な情報がインタネットに出ている。今回の記事では、実際に新型RAV4を見た人からの情報を元にボディサイズを推測してみる。

下取りは一括査定のホームページでを利用しょう!

新型RAV4が欲しい!

1円でも安く手に入れたいですよね。

頭金には下取りは価格が大きく影響します。

トヨタのディーラーでは下取り査定は安く見積もりされます。

手軽に見積もってくれるインターネットの一括査定に依頼しましょう。

30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り、買取の専門会社が最大10社
あなたの車の買取価格をしてくれます。

専門の会社が競争で相見積するので一番、

高額な買取価格を見積もってくれたところを選べば得です。
最大10社が価格競争して結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

トヨタのディラー一社から提示された下取り査定価格は

本当にあてにならないのです。

迷わずネットの一括査定をされた方が

新型RAV4を賢く手に入れることができます。
無料の車の一括査定を要チェックです。

新型RAV4のボディサイズは?

https://toyota.jp/

[ 北米仕様 RAV4の公表されているスペック ]

全長4,595mm × 全幅1,855mm × 全高 1,700mm

・Dyamic Force Engine 2.5L ガソリンエンジン 直列4気筒
・Direct Shift-8AT 2.5L ガソリン+電気モーター 8速AT

タイヤサイズ 225/65R17 ・ 235/55R19

 

[ 国内 3代目モデル 2005年~2016年 ]

全長4,335mm × 全幅1,815mm × 全高1,635mm (3ドア)
全長4,365mm × 全幅1,815mm × 全高1,635mm (5ドア)

タイヤサイズ 225/65R17 235/55R18

 

2016年に国内での生産が終了してから、3年の時を経てフルモデルチェンジして復活する新型RAV4は、今SUVの中でも最も注目されているクルマだ。

エクステリアのデザインは、SUVらしくなりボディサイズも大きくなる。

北米仕様のボディサイズしか分からない状態だが、全長4,600mmあるかもしれないと言われている。

ターゲットにしている年齢層は、40代の可能性が高いと販売店の営業から聞いているのでボディサイズは、使い勝手がよい大きすぎず小さすぎないサイズになる予想だ。

そこで比較されるクルマが、C-HRとハリアーになる。

どちらのクルマも人気があり、ボディサイズもどちらも全く違うサイズで運転のしやすさ・ハンドル操作に違いが出ている。




新型RAV4 C-HRより大きかった!

https://toyota.jp/

[ C-HR スペック ]

全長4,360mm × 全幅1,795mm × 全高 1,550-1,565m

ホイールサイズ :直径8-10in×幅6.5-7in

タイヤサイズ:215/60R17      225/50R18

 

新型RAV4は、C-HRぐらいの大きさで登場するのではないかと予想していた人が多かった。

C-HRの大きさは、コンパクトサイズになるのでトヨタのSUVの中でも小さいクラスになる。

 

実際に新型RAV4を確認したら、C-HRよりボディは大きかった

 

インターネットで、22019年の春に発売予定のRAV4の輸送している動画を見る事ができる。映像で確認しても、C-HRよりボディサイズが大きいのが確認できる。

詳細が発表されている北米仕様のRAV4のタイヤサイズは、C-HRのタイヤサイズと比べ外径が大きく・幅も太くなっているので、国内仕様と北米仕様のタイヤサイズが同じ前提で考えると、C-HRよりボディサイズが大きいと判断する事ができる。

C-HRは人気があるクルマになるが、「運転席から見た後方の視界」や「死角」や「2列目の空間」など評価が低い点が何カ所も存在しており、運転するには小回りが利くボディサイズだがサポートしてくれる安全装備などを装備させないと扱いにくい。

公開されている北米版の写真で確認できるボディであればC-HRの問題点は、新型RAV4ではなさそうだ。



新型RAV4はハリアーぐらいの大きさでしょうか?

https://toyota.jp/

[ ハリアー スペック ]

全長4,725mm × 全幅1,835mm × 全高 1,690m

タイヤサイズ:235/55R18 225/65R17

 

ハリアーのGR SPORTには、専用タイヤ235/50R19のサイズになっている。C-HRとボディサイズやタイヤサイズを比較しても圧倒的にハリアーが大きい。

北米仕様車のRAV4にも、235/55R19のタイヤ設定が存在しておりハリアーとタイヤサイズを比較しても外径の大きさに差が無い。

 

1. 新型RAV4は、ハリアーに近い大きさだった

2. エクステリアのデザインで、想像していたより大きく見えた

 

販売店では、実際に現車を確認している人がいる。直接聞く事ができたので、どの様な感じなのか確認するとハリアーのボディサイズに近いと言っていた。

エクステリアのデザインが、所々協調されているので想像していたボディサイズより大きく見える。

 

https://toyota.jp/

ボディカラーによってクルマの大きさの見え方が変わる事があるので、確実にこれぐらいの大きさだとは決めがたい。

カタログで使用される写真と実物とは、全く違って見えてしまう事が多く、先代モデルの大きさで考えているなら初めて見た時は大きく見える。

ハリアーのボディサイズが、小さいと考えている人が見た時は、もっと小さく見える。

実物を見る前に、何でボディサイズを連想するかでも初めて見た時のボディサイズの印象は変わってしまう。

 

新型RAV4では3列シートが誕生するのでしょうか?

https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Toyota_RAV4_XA40_interior.jpg

2019年の春頃に発売される新型RAV4は、同じSUVの「C-HR」よりボディサイズが大きく「ハリアー」に近いサイズであると聞いている。

2018年の11月頃から、新型RAV4の日本版では3列シートが発売されるとインターネットで噂されていたが、実際に3列シートは今のところ設定は無い。

 

https://toyota.jp/

ハリアーのボディサイズで考えたら、3列目シートの設定があってもおかしくない。

ハリアーにも以前から「3列シートが誕生する」などと言った情報があり、2018年に誕生する事が言われていたが、2019年になっても誕生していない。設定があれば、とても魅力的だが課題がいくつもある状態だ。

・3列目シートの空間が窮屈
・ラゲッジルームの空間が狭い
・乗り降りが大変

現行のハリアーより少しボディサイズが小さい条件で、新型RAV4に3列シートの設定がある条件で考えると

1. 3列目の足元の空間は狭い
2. 大人が乗るには窮屈
3. ラゲッジスペースが狭すぎる

3列目シートの設定がありファミリカーでも人気のある、ランドクルーザー プラドの全長は4,825mmに全高1,850mmになっている。

古いモデルだと全長4,690mmに全高1,880mmに3列シートの設定があったが大人が乗るには少し窮屈でラゲッジルームのスペースも確保するのが難しい状態になる。

それを踏まえて考えると、新型RAV4に3列目シートの設定があっても活用できる場面が少ない可能性がある。

 

 

トヨタの車種で 3列目シートの設定があるSUV は?

https://toyota.jp/

[ 3列目シートあり ]

・ランドクルーザー
・ランドクルーザー プラド

 

[ 2列目シートのみ ]

・ハリアー
・C-HR
・ハイラックス

 

北米仕様の2007年に登場したロングタイプのRAV4には、3列シートの設定があった。

全長4,600mm×全幅1,815mm×全高1,685mmの寸法で設定があったので、今のハリアーのボディサイズで考えると3列目のスペースを確保する事は可能だ。国内で販売されているSUVの3列シートが装備されているクルマの種類は少ないので、新たに登場すれば注目は集まる。

今のところ、2019年の春頃に発売される新型RAV4は5人設定のみになっているが、待てば特別仕様車などで7人乗りが登場するかもしれない。

 

新型RAV4のボディサイズは?気になる情報を公開!まとめ

新型RAV4のボディサイズは、ハリアーぐらいあると言われている。全長が4,600mm以上ありそうな、インパクトのある動画などがインターネットで確認する事ができるので、気になる人はインターネットで検索してみてはいかがだろうか。販売店によって、大体の情報を教えてくれるので聞いてみるのもいいかもしれない。

(コピーライターM,M)

 

 

 

 

 

 

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

RAV4が欲しい!

・・・・ですが、

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。