新型RAV4 燃費は?ハイブリッドとガソリンどっちが凄い?




新型RAV4は、走行性能や燃費性能が旧モデルから大幅な進化を遂げて国内に再度登場しました。

大きなボディサイズのSUVは、燃費を諦めないといけない当たり前でした。

しかし、2019年4月10日に発売された新型RAV4は燃費に走行性能など求めることができる車になったのかを調べてみました。

下取りは一括査定のホームページでを利用しょう!

新型RAV4が欲しい!

1円でも安く手に入れたいですよね。

頭金には下取りは価格が大きく影響します。

トヨタのディーラーでは下取り査定は安く見積もりされます。

手軽に見積もってくれるインターネットの一括査定に依頼しましょう。

30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り、買取の専門会社が最大10社
あなたの車の買取価格をしてくれます。

専門の会社が競争で相見積するので一番、

高額な買取価格を見積もってくれたところを選べば得です。
最大10社が価格競争して結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

トヨタのディラー一社から提示された下取り査定価格は

本当にあてにならないのです。

迷わずネットの一括査定をされた方が

新型RAV4を賢く手に入れることができます。
無料の車の一括査定を要チェックです。

新型RAV4 のカタログ燃費はなんと○○km/L以上!!

https://toyota.jp/rav4/index_b.html?padid=tjprav4top_a_from_abmodal_b

新型RAV4が発売され燃費の詳細が分かるようになった。

ガソリン仕様とハイブリッド仕様の設定がある中で、燃費がいいのはハイブリッド仕様になっている。

 

ガソリン仕様のカタログ燃費

11.9km/L~18.1km/L(2WD)と11.5km/L~17.5km/L(4WD)

ハイブリッド仕様のカタログ燃費

19.4km/L~21.1km/L(2WD)と18.1km/L~20.7km/L(E-Four)

 

カタログ燃費を確認すれば、ハイブリッド仕様の燃費の良さに直ぐに気付く。

以前までの燃費を測定する方法は、JC08モードが使用されカタログ燃費と実際の実燃費とでは大きな差があるのが当たり前だった。

今回発売された新型RAV4のカタログ燃費は、新しくWLTCモードが登場し参考にすることができるようになった。

 

[ ライバル車  ]
  • ホンダ CR-V HV               4WD    実燃費 19.3km/L~20.5km/L
  • ホンダ CR-V ガソリン  FF   実燃費  11.4km/L~18.0km/L
  • 日産 エクストレイルHV  4WD 実燃費 12.8km/L~19.3km/L
  • トヨタ ハリアーガソリン FF 実燃費 12.0km/L~18.5km/L

 

SUVのライバル車の実際の燃費をまとめた。

実燃費は、11.4km/L~20.5km/Lと大きく数字に差が出ている。

クルマのエンジンの種類に、2WD/4WDなどで燃費は変化する。

新型RAV4の2WD/4WDの平均燃費は15.8km/Lと高い数字になっている。




新型RAV4 プリウスには採用されなかったWLTC燃費モードが登場!

 

https://toyota.jp/

2018年12月17日に、プリウスはマイナーチェンジが行われた。

カタログ燃費の表記は「WLTCモード」に変更される予想をしていたユーザーが多い中、残念なことにJC08モードのままで指摘する意見があった。

WLTCモードの特徴は、「アイドリング時間比率の減少」「冷機状態の走行時間割合の増加」「乗員や積載物の重量考慮」とJC08モードとは違った点が変更され、より正確な燃費の数字が分かるようになり購入時は参考にすることができるようになった。

 

新型RAV4の燃費測定はJC08モードより正確になるが、WLTCモードの測定に変更されても誤差が出てくる予想を筆者はしている。

特にガソリン仕様は、走行距離によって10.0km/L下回りそうだ。

 

[ 新型RAV4ガソリン仕様   カタログ燃費 ]

11.9km/L~18.1km/L(2WD)

11.5km/L~17.5km/L(4WD)

予想される実際の燃費は、10.0km/L~16.0km/L

 

[新型RAV4 ハイブリッド仕様 カタログ燃費]

19.4km/L~21.1km/L(2WD)

18.1km/L~20.7km/L(E-Four)

予想される実際の燃費は、14.0km/L~18.0km/L

 

カタログに記載されている燃費が、そのまま実燃費は難しい。

マツダのCX-3/5/8などは既にWLTCモードが採用されている。

実燃費により近くはなっているが、ユーザーのデーターを調べれば波がある状態が分かる。

 

https://toyota.jp/

トヨタの人気車種のハリアーの車両重量は、1.580~1,740kgになっている。

新型RAV4は、全体のボディサイズはハリアーより小さくなっているが車両重量は、1,500~1,690kgでハリアーとあまり変わらない。

WLTCモードが新しく採用され、より実燃費に近い数字になるのは間違いないが、ボディサイズが大きくなり旧モデルと比べても一段と本格SUVに近づいた新型RAV4はグレードによって燃費が10.0km/L以下になってしまう可能性が考えられる。

 

ハリアーやランドクルーザー プラドなどのSUVに乗っているユーザーは、燃費を気にしてないことが多い。(大半は諦めてるか割り切っている)

車体が大きくなればなるほど、燃費が悪くなるのは想像でき新型RAV4のコンセプト「Robust Accurate Vehicie with 4Wheel Drive」SUVらしい力強さがあり都会でもマッチするデザインなどが追及されているので「燃費」は二の次かもしれない。



新型RAV4 燃費性能を良くするので役立つ機能

 

https://toyota.jp/rav4/index_b.html?padid=tjprav4top_a_from_abmodal_b

新型RAV4は、燃費を向上させるのに役立つ「ドライブモードセレクト」機能がある。

ガソリン車に2WDハイブリッド車は、プッシュ式が採用されている。

E-Fourハイブリッド車(グレードG/X)には、ダイヤル式が採用され、ガソリン車と操作方法が異なっている。

 

https://toyota.jp/rav4/index_b.html?padid=tjprav4top_a_from_abmodal_b

ドライブセレクトモードは、複数の走行状況に合わせた最適な走行を可能にしている機能なので、勿論使い方によっては燃費を向上させるのに役立つ。

新型RAV4を購入する前に、試乗車で体験し効果があるのか調べてみたいものだ。

今後、販売店主催の新型RAV4の体感イベントなどが大型連休で開催される可能性があるので、ドライブセレクトモードを試してみたい人は直ぐに購入せずに待つことをお勧めする。

新型RAV4 燃費がいいのは?仕様は??

https://toyota.jp/rav4/index_b.html?padid=tjprav4top_a_from_abmodal_b

 

ハイブリッドには、2.5Lの直列4気筒と電気モーター+エンジン(ダイナミックフォースエンジン)で低燃費が可能になった。

そこで、新型RAV4の購入での注意点を会話にしてみると
購入検討
新型RAV4の、燃費がいいのはハイブリッド仕様ですか?1ヶ月のガソリン代金も抑えることができそう!!
解説者
ガソリンとハイブリッドの燃費を比べれば、ハイブリッドの方が燃費がいいでしょう。しかし、ミニバンなどの燃費の感覚で行くと後が大変かもしれませんね。
購入する前に、何を把握しとけばいいですか?「燃費」の数字ばかり気になります。
ハイブリッド仕様は、人気がありメリットも沢山あります。悩んでしまいますが、何を優先するかで決めてもいいかもしれませんね

新型RAV4は、ガソリンとハイブリッドどちらにするかで悩んでいるなら「燃費がいいハイブリッド」がお勧めだ。

ハイブリッドでは、ガソリン+モーターの組み合わせで高い燃費性能を求めることができる。

 

  • 手放す時の買取り価格に期待ができる
  • 燃費が良ければ、ガソリン代を抑える事が可能
  • ガソリン価格が高騰しても大丈夫

 

プリウスやアクアにシエンタなどの車種は、人気があり燃費がとてもいいのが特徴だ。

クルマの設定にハイブリッドがあれば、ガソリン車より高い燃費性能が兼ねそろえられ中古車でも高値で取引されている。

新型RAV4の値引き相場を徹底的に予想します!どうすればいい?

新型RAV4 燃費は?ハイブリッドにガソリンどっちが凄い??まとめ

新型RAV4の燃費は、他のSUVクラスの中でも期待することができます。燃費を気にせずに購入を検討しているユーザーは、年々少なくなってきています。

車を所有すれば、維持費がかかりSUVになるとタイヤ代に保険料などが高くなり、想像していたよりお金がかかってしまいます。

燃費がいい仕様にするか、SUVらしい力強い走行を重視するかは自分のスタイルに合わせ車選びをすれば満足できる購入ができるかもしれません。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

RAV4が欲しい!

・・・・ですが、

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。