新型RAV4が正式発表!販売店で実物を見た感想は?




2019年の4月10日(水曜日)の午後14時に、正式発表が行われた。

トヨタカローラ店にネッツ店などでお披露目記者会が行われ、地域によって地元のニュースで報道されました。

正式発表がされた4月10日に、早速新型RAV4を実際に見に行き、エクステリアに内装などの雰囲気はどうだったのかを詳しく感想をまとめてみました。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

新型RAV4 販売店で見てきました!

rav4

写真撮影:M,M

発表日に、トヨタカローラ店に行き現車を確認してきた。

新型RAV4のお披露目前には、車全体に大きな白い布が被せられている状態になっていた。

自動車企業の関係者を集め新車発表会が、カローラ店やネッツ店の本店で行われ店内は独特の雰囲気になっていた。

平日だったのもあり、販売店には人が少なかった。

 

https://toyota.jp/rav4/new-rav4/

 

写真撮影:M,M

車体を覆っていた白い布が外された時、新型RAV4が関係者にお披露目された。

 

・カタログの写真と変わらない

・車体がとても大きく感じた。ハリアー位にも見える

・とてもカッコイイ

・カスタムの仕方によっては、もっともっとカッコよくできる

フルモデルチェンジした新型RAV4は、見た目が変わっただけではなく「オンロード」「オフロード」の仕様が準備されている。

新型の開発コンセプトは、「Robust Accurata Vehicle With 4 Wheel Drive」のSUVの力強さ兼ねそろえた4WDだ。




新型RAV4は、○○に似ている?

写真撮影:M,M

 

新型RAV4の公開された画像を見た時思い浮かんだのが、ランドクルーザー プラドにハイラックス サーフが出てきた。

本格SUVと言えば、ランドクルーザーにプラドやサーフなどが挙げられる。

今回フルモデルチェンジした新型RAV4のデザインは、トヨタ自動車の人気車種の良い所が組み合わされたデザインになっていると個人的に考えている。

 

https://toyota.jp/

現行モデルのランドクルーザー プラドやハリアーにハイラックなどの写真を確認すれば、フロントグリルにヘッドライトなどが印象的だが新型RAV4のヘッドライトはどこか少し寂しいように見える。

ボディサイズは、コンパクトになり他の車種がインパクトが強いので、新型RAV4は控えめに感じてしまうので比較すればするほど購入に悩んでしまうかもしれない。

展示車は、3灯式LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ+LEDデイライト装着車になるので点灯している状態を一度確認してみたいものだ。

 

写真撮影:M,M

ランドクルーザー プラドに、シーケンシャルウィンカー(流れるウィンカー)が採用されていない。

一部ユーザーから近々フルモデルチェンジが予想されているプラドに、採用されるのではないのかと噂されているが、今回発売された新型RAV4も同様に採用されていない。

アルファードやC-HRにハリアーなどは、シーケンシャルウィンカーが採用されているのに新型RAV4は、何故採用されなかったのか疑問だ。

 

シーケンシャルウィンカーは、カッコイイだけではなく「曲がる方向を周囲に理解してもらえる」などのメリットもあるので一部改良やマイナーチェンジなどで追加装備になるのを期待している。

 

新型RAV4は、「グレードで、タイプが分かれる」「カスタムしたら、もっとカッコよくできる」「ブロックタイヤを履かせたい」「リフトアップを視野に入れてもいいかもしれない」などアレンジすればするほどカッコよくすることができそうなクルマになっていた。



新型RAV4 ボディカラーや仕様で雰囲気が変わる?

写真撮影:M,M

新型RAV4のボディカラーの種類は、以前書いた予測記事で14色くらいと考えていた。

実際は12色になり、ライバル車のSUVで比較すると日産のX-TRAIL と同じ数になっている。

展示車のボディカラーは、Sensual Red MicaのグレードはAdventureになり専用のフロントグリル/バンパーなどが装備されている。

 

https://toyota.jp/rav4/new-rav4/

Adventureのデザインは、オフロードの雰囲気がとても出ている。

「街乗りでオシャレに乗りたい」で購入するより「SUVらしいデザインで、様々な道に挑戦したい」と考えるユーザーから人気がでそうだ。

 

https://toyota.jp/rav4/new-rav4/

ホワイトパールクリスタルシャインを選べば、膨張色なので車体が大きく感じ、見た目は上品な雰囲気になる。

ブラックマイカを選べば、引き締まったクールな雰囲気になり社外品の大口径ホイールなど様になる。

Adventureなら、専用設計になっているので「オフロード」にデザインが近く標準グレードになると「街乗り」などのカジュアルなデザインに近い。

 

新車購入時にリセールバリューを気にしている方が、少しずつ増えています。新型RAV4は、人気が出ますがリセールバリューを気にするなら3年くらいで乗り換えを検討するのが良さそうです。これからハリアーがどうなるかでも左右される可能性が高く、他のメーカーのSUVでフルモデルチェンジが近々行われる噂もあるので早めに動くのがいいです。

 

新型RAV4 購入を検討中なら必ず見に行くのが大切!

写真撮影:M,M

 

新型RAV4は、トヨタカローラ店にネッツ店どちらも販売に力を入れている車種だ。

展示車を見ていると、営業に話しかけられたりして「じっくり細かく確認する」ことが中々できないので何回かに分けて見に行くのがお勧めだ。

 

実際に直接新型RAV4を見て気になった点が、いくつかあったのでまとめると

1. グレードによって内装色やシートのデザインが異なるので、展示車1台を見るだけでは他のグレードの雰囲気が分からない

2. 運転席と助手席の空間は、広々としていたが2列目のシートの足元スペースやシートの背もたれの角度が、調整できないので長距離運転時はどうなのか

3. 収納スペースの数は、予想通り少ないので大人数での移動には収納スペースが足りなくなる

 

新型RAV4を見た時、旧モデルからのボディサイズや外観・内装などが大きく変わったことばかり無意識に気にしていた。

見た目の外観の質感や、室内空間の広さなど大体は確認することができたが、やはり一度試乗車に乗ってみない何とも言えないのは明らかだ。

新車車体価格は、安くて税抜きで240万円からの設定がある。そこに、オプション設定の予防安全装備やカーナビなどを追加すれば25万円+15万円=40万円になる。

 

グレード選びに、追加オプション設定や限界値引きなど損をしない購入を意識するのも、新車購入時は非常に大切だ。

 

新型RAV4を販売店で実物を見た感想のまとめ

新型RAV4は、とてもカッコイイクルマです。見た目が大きく変わり、安全性に機能などがより優れています。

まだ、発売が開始されたばかりなので今後どれだけ新型RAV4が売れるか気になりますが人気が出るのは間違いでしょう。

ボディサイズや排気量も大きすぎないので、扱いやすく維持費も抑えることができる新型RAV4のアフターパーツが今後続々と出てくるので自分らしい車にもできる。

日本での販売は、2016年で一度終了してしまったRAV4はフルモデルチェンジし再度登場しましたが、他のライバル車より人気が出るのか楽しみです。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

RAV4が欲しい!

・・・・ですが、

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。