新型RAV4とCR-Vとライバル比較!おすすめは?




新型RAV4とCR-Vの比較動画が注目されている。

欧米仕様の新型RAV4のボディサイズやエクステリアなどがCR-Vと比較され、公開されている動画で様々な予想を行うことが可能になった。

国内版の新型RAV4では、仕様にグレード一覧や価格表などが一部販売店で先行予約時に購入者に公開されている。

今回の記事では、発売が間近になった新型RAV4をボディがミドルサイズに変わったホンダのCR-Vとの映像などから参考に比較していきます。

下取りは一括査定のホームページでを利用しょう!

新型RAV4が欲しい!

1円でも安く手に入れたいですよね。

頭金には下取りは価格が大きく影響します。

トヨタのディーラーでは下取り査定は安く見積もりされます。

手軽に見積もってくれるインターネットの一括査定に依頼しましょう。

30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り、買取の専門会社が最大10社
あなたの車の買取価格をしてくれます。

専門の会社が競争で相見積するので一番、

高額な買取価格を見積もってくれたところを選べば得です。
最大10社が価格競争して結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

トヨタのディラー一社から提示された下取り査定価格は

本当にあてにならないのです。

迷わずネットの一括査定をされた方が

新型RAV4を賢く手に入れることができます。
無料の車の一括査定を要チェックです。

新型RAV4 ついに大きさ判明か??

引用:https://www.toyota.com/rav4/photo-gallery/

フルモデルチェンジ後の新型RAV4のボディサイズは、実際に間近で見た販売店の営業から「C-HRより大きく、ハリアーよりサイズが小さい印象だった」と聞いている。

2002年に発売が開始されたミニバンのアルファードは、初代モデルのボディサイズは全長4,840mmあり現行のモデル30系では、全長4,915mmと更に大きくミニバンの中でも「LLサイズ」になっている。

初代モデルからフルモデルチェンジが行われれば、必ずボディサイズが大きくなっているので今回発売される新型RAV4のボディサイズも大きくなると言いきれる。

 

新型RAV4とCR-Vと比較動画

 

~新型RAV4 タイヤ予想~

225/65R17

225/60R18

欧米寸法 : 全長4,595mm×全幅1,855mm×全高1,700mm

 

~CR-V タイヤ~

235/60R18

寸法 :全長4,605mm×全幅1,855mm×全高1,680-1,690

室内 :長さ1,970-2,520×幅1,550-1,520×高さ1,230-1,185

 

RAV4とCR-Vの大きさや室内のインテリアなど、外観から内装まで比較した動画から考察すると

 

1. ボディサイズは、非常に似ている

2. タイヤサイズも似たようなサイズ

3. 並べて比較すると、各種パーツなどの位置も似ている

 

国内で発売されるボディサイズも、動画と同じサイズと思ってもいいかもしれない。

 

輸入車になる、「セコイア」「タンドラ」「タコマ」などボディサイズが全長5,000mmオーバーになっている。

このサイズだとクルマを止める場所も限られ、侵入できない道路も多く日本で発売されることになっても、ボディサイズを小さくし排気量もどうにかしてもらわないといけない。

米国仕様でCR-Vと同じ大きさなら、小回りも利き運転もしやすいので同じサイズで決まりでいいだろう。

 




新型RAV4 とCR-V現地で調査してきました。

写真撮影:M,M

ホンダのCR-Vは、2018年8月に日本市場にミドルクラスSUVで復帰している。

従来のモデルと全く違うボディサイズに変わったCR-Vだが、実際に現車を確認すればどれくらい大きくなっているかが直ぐに分かる。

 

1. ボディサイズが大きくなり、室内空間も広々している

2. 北米がメインになり、国内での発売はあまり期待されていない

3. グレードによって3列目シートを選ぶことが可能になっている

 

ホンダの販売店に行けば展示車があるので、実際に大きさを確認するのは簡単にできる。

CR-Vのガソリン仕様車には、3列シートの設定があるのに対して新型RAV4では採用されなくとても残念だ。

 

今回たまたま海外に行く知人がいたので、調査してきてもらった。

 


写真撮影:M,M

現地で新型RAV4が走行しているか、3月の終わりに現地に行く知人に調査をしてもらった。日本では「ミニバン」がとても人気がある一方、欧米の場合はやはり「SUV」「セダン」が中心になっていました。残念ながら去年の12月頃から先に発売された米国版新型RAV4は、1度も見かけることができませんでした。日本でのサイズは「ミドルクラス」になり、前モデルより大きくなりますが現地では「ミドルサイズ」は小さい。

 

動画撮影:M,M

映像は、サンフランシスコの街中での撮影です。

 



新型RAV4とCR-Vはどちらがおすすめ?

新型RAV4は、新車販売価格の設定が260万円ぐらいからスタートになる。

エクステリアの雰囲気から室内のインテリアは、シンプルなデザインになる予想だ。

全体のイメージは、本格SUVを連想させるデザインの新型RAV4だが「高級感」より「走行性能」が求められているように写真で判断できるので、どんな路面状況でも楽しく運転したい人にはお勧めだ。

 

写真撮影:M,M

ホンダのCR-Vの新車車体価格は、300万円超える。エクステリアのデザインはシンプルになっているが室内のインテリアは、上品な雰囲気になっており大人が楽しめそうな空間になっている。

ホンダのCR-VはトヨタのSUVで例えると「ハリアー」になる。

ハリアーよりボディサイズは小さいが、以前のCR-Vのモデルと比べると魅力的なクルマになっている。

街中でも見かけることが少ないCR-Vだが、やはりクルマが被りにくくエクステリアのデザインは、とてもシンプルになっているが室内は高級感溢れる落ち着いた雰囲気になっている。

 

どちらのクルマも、元のイメージが「丸くて、小さくて可愛い雰囲気」だったのが全く違ったクルマんに変わったので、新型RAV4かCR-Vどちらを選んでも満足することができそうだ。

新型RAV4は敵なしになるのか?

https://toyota.jp/rav4/new-rav4/

新型RAV4の新車購入時の価格は、約260~380万円前後の設定になっているが、一部グレードでは購入しやすい価格設定もある。

SUVの新車価格で安いと言われている車種は、トヨタ「C-HR」にホンダ「ヴェゼル」が200万円代で購入することができる。

ハリアーでは、ラグジュアリーSUVの位置づけで車体価格が割高になり登録台数も年々減少傾向になっている。

コンパクトSUVのC-HRでは、初代モデルが発売した当初は小型/普通車登録部門でトップを独占していたが、こちらも2019年の1月から登録台数が減少している。

 

一部のメディアやユーザーなどで、注目を集めている新型RAV4はボディサイズは大きくなり室内スペースに走行性能などが他のSUVと比べても最新モデルになる。

維持費なども抑えることができ、同じトヨタのSUVの中でも売れる予想だ。

https://toyota.jp/rav4/new-rav4/

 

見た目がカッコよくなった、新型RAV4は敵なしになる

 

オフロードにお勧め、「ランドクルーザー」「ランドクルーザー プラド」「ジムニー」「パジェロ」「FJクルーザー」「エスクード」が人気のある車種だ。

そこに「新型RAV4」が加わり、悪路地破性が高く本格国産SUVで注目が集まる。

 

SUVに大切なのは、見た目のカッコよさだ。ランドクルーザーやプラドは、どちらも根強い人気がある。

しかし、車体価格が割高になるので簡単に購入することができない。

消費者が求めるのは、いかに「維持費が安い」「燃費がいい」「リセールバリューで元がとれる」など車を賢く維持できるかになっている。

トータル面で考えても、新型RAV4は上記の条件を兼ねそろえており若い層からも購入できるクルマになるだろう。

新型RAV4とCR-Vとライバル比較!おすすめは?まとめ

4月に突入し新型RAV4の発表まで、残り僅かになりました。北米仕様のRAV4や輸送中に撮影された写真などがインターネットで沢山公開されています。

ホームページで大体の詳細が公開されている中、やはり実際に現車を確認しないとハッキリと言えない状況は去年の11月頃から変わりない状態です。

4月1日に新しい新元号が発表され盛り上がる中、4月10日にフルモデルチェンジし再度登場する新型RAV4がどれだけ話題になるのかとても楽しみです。

トヨタカローラ店にネッツ店の2チェンネルでの取り扱いになり、試乗車や展示車は随時ディーラーのホームページで、どこの販売店に割り振りされるかなどの情報も近々公開されるので小まめにホームページで確認するのをお勧めします。

(コピーライターM,M)

アイキャッチ画像引用:https://www.toyota.com/rav4/photo-gallery/

 

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

RAV4が欲しい!

・・・・ですが、

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。