新型RAV4 新開発ハイブリット搭載で燃費はどうなる?



2019年2月28日に、新型RAV4の先行発売が開始され注文する事ができるようになっている。

販売店で既に注文をしたユーザーもいる中、未だに詳しいことは分かっていない状態です。

今回発売される新型RAV4にはハイブリッドとガソリン仕様の2種類のみになり先代モデルやライバル車と燃費を考察してみる。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

新柄RAV4 3代目モデルの燃費は?

https://toyota.jp/

2005年から発売された、3代目RAV4のカタログ燃費はJC08モードの測定で11.8km/L~14.4km/Lとカタログに記載されている。

実燃費は、8.2km/L~12km/Lになっている。

2016年でRAV4は生産が終了してしまった。2016年を振り返ってみると、この年の販売ランキングを確認すると「プリウス」「アクア」「セレナ」「フィット」「ノート」などが人気だった。

コンパクトカーにファミリカーが売れており、その中でSUVのホンダ「ヴェゼル」が唯一ランクインしていた。

ランクインしていたホンダ「ヴェゼル」の実燃費は、12.0km/L~20.0km/Lになっているので3代目RAV4の燃費が悪いのが分かる。

 

3代目RAV4が国内での発売が終了して、約2年経つが2019年の4月頃にお披露目される新型RAV4には

 

ダイナミックフォースエンジン+Direct Shift CVT

ダイナミックフォースエンジン+THS2 HYBRID

 

SUVにふさわしい走破性に、優れた性能を目指し開発され満足できる燃費性能を求める事ができそうだ。

 



新型RAV4 燃費はどうなる?

https://toyota.jp/rav4/new-rav4/

ハイブリッドでは、「マルチステージハイブリッドTHS Ⅱ」が採用されている。

プリウス並みの燃費を、維持する事が可能になりセダンのカムリにも採用されているパワートレインだ。

現行プリウスの実燃費は、25.0km/L~29.8km/Lが多くなっている。

現行カムリの場合だと、23.0km/L~28.9km/になっており走行時の工夫で高い数字を出すことができるので注目されている。

 

新型RAV4には、「小型」「軽量」「低損失化技術」とTNGAによる新型2.5リットルのダイナミックフォースエンジンの高い燃焼効率と高出力とのシナジー効果で、優れた動力性能が追及されている。
パワーコントロールユニットやニッケル水素電池などの主要コンポーネントなどは、コンパクトかつ軽量になり機械的損失を低減するように設計されている。

2.5L直列4気筒ガソリンエンジンに、電気モーターを組み合わせたハイブリッドシステム全体で、先代モデルを上回るパワーを獲得し、NEDCの複合モードで燃費22.7km/リットルにCO2排出量100g/km以下として北米版RAV4は発売がされている。

トヨタのSUVの種類の中で、世代が新しい新型RAV4の国内での燃費予想はWLTCモードで

 

2.0Lガソリン仕様   15.0km/L~16.0km/L

2.5Lハイブリッド仕様  20.6km/L~21.0km/L

 

レクサスUX200に搭載されている、新開発エンジンが採用されたガソリン仕様にレクサスESに搭載されているパワーユニットが採用されたハイブリッド仕様どちらも、更に上のパワートレインが導入される。

レクサスなどに搭載されていると聞けば、ガソリンもハイブリッドも期待する事ができる。

正式に発売が開始されれば、試乗することもできるので実際に走らせて実燃費を確認して見たいものだ。

 



新型RAV4 予想される燃費で人気のSUVで比較してみると


写真撮影:M,M

[ マツダ 実燃費 ]

WLTCモード

・CX-8       12.7km/L~19.0km/L

・CX-5       12.4km./L~22.3km/L

・CX-3        11.0km/L~15.0km/L

 

[ ホンダ 実燃費 ]

JC08モード

・ヴェゼル       ハイブリッド   18.0km/L~21.0km/L
ガソリン  12.5km/L~16.0km/L

 

[ 日産 実燃費 ]

JC08モード

・ジューク                                 10km/L~13km/L

・エクストレイル       ハイブリッド   13km/L~18km/L
ガソリン                 12.0km/L~16km/L

 

 

https://toyota.jp/rav4/new-rav4/

人気があるSUVで実際の燃費を調べてみると、11.0km/L~19.0km/Lが多い。

SUVでは、20km/L以上の燃費が可能な車種は一握りになっている。

 

フルモデルチェンジで性能が強化され、燃費も15.0km/L~20.0km/Lは可能になると予想できる。

 

カタログ燃費がJC08モードなのか、WLTCモードでの測定に変更されているのかも気になる。

2018年12月にマイナーチェンジした新型プリウスのカタログにはJC08モードの状態のままだったので疑問視する人もいた。

JC08モードでは、実燃費とカタログ燃費との差が出てしまいWLTCモードに変更されることで、より実燃費に近い数字になり参考になる。

新型RAV4の価格帯が、公表されたとトヨタカローラから連絡があったがそれ以外の詳細は全く分からない状態は、変わりないので実際の燃費がどれくらいなのかとても楽しみだ。

 

新型RAV4 燃費向上考えてみた

写真撮影:M,M

 

・タイヤを低燃費タイヤにする

・軽量のホイールにする

・なるべく荷物を載せない

・運転の仕方に注意する

・タイヤの空気圧に注意する

 

新型RAV4の燃費を、従来のモデルのデータを元にして考察したが約2年前に比べて確実に燃費性能は優れているだろう。

少しの工夫で燃費を向上させることができるので、注意点は把握すれば対処方が分かる。

燃費に満足できなければ、一度試してみるのはいかがだろう。

 

SUVでのトップクラスで燃費が良いC-HR。C-HRの登場によって、SUVでも燃費を求める事ができるようになったが、まだまだミニバンやセダンに比べて燃費は悪い。燃費が悪くても、SUV好きのユーザーは燃費を気にせずに乗っていることが多い。今回のフルモデルチェンジした新型RAV4も燃費をあまり意識しないユーザーが多いかもしれない

 

「発進時にアクセルを深く踏まない」「頻繁にブレーキやアクセルを使い分けない」「信号待ちや下り坂でブレーキのみに頼らない」「クーラーを使いすぎない」など様々な方法がある。少しでも何が原因で燃費を消費しているかを把握するだけで、燃費向上に繋げることができる。

 

https://toyota.jp/rav4/new-rav4/

新型RAV4は、ブロックタイヤやリフトアップを検討してする人が多くなるかもしれない。

エクステリアのデザインから考察しても、カスタムすれば更にカッコよくなる。

メーカーや種類によってブロックタイヤの特徴は、摩耗が遅いのでタイヤの交換シーズンを普通タイヤに比べると遅らすことができる。

その代わりタイヤの重さが重たくなり、燃費が悪くなってしまう。ホイールをドレスアップするなら、なるべく軽量ホイールにするなど工夫をしなければ燃費が悪化してしまうので注意が必要だ。

 

新型RAV4 新開発ハイブリット搭載で燃費はどうなる?まとめ

新型RAV4のハイブリッド仕様の燃費は、期待することができガソリンも同じく従来のモデルの燃費以上を求めることができる。

ボディサイズや排気量の事を考えると15km/L以上は可能になりそうだ。

ガソリン代も高騰し、燃費がいいクルマならガソリン代を節約することができる。

燃費性能に高い走破性・操縦安定性が兼ね揃えた新型RAV4の発売がとても楽しみだ。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

RAV4が欲しい!

・・・・ですが、

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。