新型RAV4で車中泊した人の感想は?注意点はある?




新型RAV4のオーナーやこれから買いたいと考える人の中には、一度は車中泊をやってみたいと希望している人も多いでしょう。

ただ、実際に車中泊をする時の注意点や、経験者の感想は最初に抑えておきたいところです。

この記事では、新型RAV4での車中泊に関する感想や注意点に関して、詳しくチェックしていきます。

下取りは一括査定のホームページでを利用しょう!

新型RAV4が欲しい!

1円でも安く手に入れたいですよね。

頭金には下取りは価格が大きく影響します。

トヨタのディーラーでは下取り査定は安く見積もりされます。

手軽に見積もってくれるインターネットの一括査定に依頼しましょう。

30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り、買取の専門会社が最大10社
あなたの車の買取価格をしてくれます。

専門の会社が競争で相見積するので一番、

高額な買取価格を見積もってくれたところを選べば得です。
最大10社が価格競争して結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

トヨタのディラー一社から提示された下取り査定価格は

本当にあてにならないのです。

迷わずネットの一括査定をされた方が

新型RAV4を賢く手に入れることができます。
無料の車の一括査定を要チェックです。

新型RAV4で車中泊 動画レビューをチェック!

実際に新型RAV4で車中泊をしてみたレビュー動画は複数出てきています。

その動画を見ながら、実際のレビューをチェックしていきましょう。

比較的長身でも車中泊可能な空間はあるがコツが必要

【この車ほんとに寝れるの?】トヨタ新型RAV4で車中泊してみた。ガチで布団敷いて検証します!!

 

170cm以上の比較的長身な人でも、新型RAV4では車中泊のできるスペースは確保できるようです。

スペースは確保できるところはプラスの材料として挙げられますが、ゆったりと休息ができるかどうかは少し心許ないところですね。

後部座席をフラットにしても、若干角度がついており、その点はあらかじめ割り切っておくことが重要ですね。

対角線上に態勢を取って寝ると、長身の人でも休息は取れるので、車中泊時にはちょっと工夫が必要です。

全く車中泊を新型RAV4で実践することができない訳ではないものの、完全に快適な空間を作ることはコツが要りますね。

車中泊時の寝心地は及第点

新RAV4で車中泊検証!179でも速攻寝れるこの長さ!

車中泊の時に気になる要素は、やはり寝心地ではないでしょうか。

実際に横になってみると、少しクッション性があってそのままの状態で休息を取ることも問題ないとのレビューです。

車種によっては、シートを倒した状態にすると、比較的硬い材質でなかなか寝付けないということもあります。

ただ、新型RAV4ではその点は大きく心配する必要は無いでしょう。

フラットにすると若干角度があり、長時間寝ると疲れが出てきてしまう可能性はあります。

その不安点を解消するために、マットレスなどを活用するとより快適性がアップするでしょう。

グッズを用意せずに、そのまま車中泊に臨む場合でも、他の車種よりは体への負担は大きくなりにくいと考えられますね。

その点では、新型RAV4は車中泊にまずまず向いていると評価することができるのではないでしょうか。




新型RAV4で車中泊 注意点はある?

新型RAV4で車中泊をする時の注意点は、どこにあるのでしょうか。

いくつかポイントを挙げながら見ていきましょう。

天井はミニバンのように高くないので少し圧迫感アリ

引用:https://toyota.jp/rav4/design/?padid=from_rav4_navi_design

車中泊は、7~8人乗りのミニバンで行うというケースが多いのではないでしょうか。

やはりミニバンクラスの車では、天井も高めであることが多く、ゆったりとした感覚で休養ができます。

新型RAV4については、ミニバンほどの天井高が確保されていないので、若干圧迫感を感じてしまいます。

車中泊のできるスペースは確保されているものの、天井の高さの面では十分ではないですね。

車内でシートを倒した状態で動く時にも、頭をぶつけないように注意することも必要です。

そもそもミニバンとは車格が新型RAV4は異なるので、あらかじめ抑えておきたい部分として挙げられます。

圧迫感が少しネックになっても大丈夫な人は、車中泊でも支障が出てこないと言えます。

シートを倒しても完全に平らにはならない

引用:https://toyota.jp/rav4/design/?padid=from_rav4_navi_design

レビュー動画でも挙げられていたポイントですが、後部座席のシートを倒しても、完全に平らにならないところもポイントとなります。

フルフラットの状態でも、若干角度が付いてしまうので、新型RAV4の車中泊で注意するところとして考えたいですね。

後部のラゲージスペース側が少し高くなる状況なので、寝る時には頭部分をフロント側にするなどの工夫が必要となるでしょう。

全然車中泊で休息がとれないほどの問題ではありませんが、一晩睡眠をとる時には、少し疲れが残ってしまう可能性も考えられます。

車中泊を前提に作られたわけではないので、この点に関しては車中泊時には妥協する必要があるところですね。

パーフェクトな快適さを求めるのはやや難しい

車中泊をする時には、どうしても快適さを求めてしまいがちです。

そのニーズをしっかりカバーできるかという点では、新型RAV4では少し難し部分に挙げられます。

ミニバンなどの大型サイズの車種では、3列シートでシートアレンジも豊富なことが多いです。

その特徴が、車中泊での快適さをアップさせ、車内空間が広々使えることにも関わっています。

新型RAV4は、2列シートであり、元々の車内空間が圧倒的に大きいわけではりません。

なので、ゆとりを持って車中泊をするのには、少し物足りないと感じられることもあるでしょう。

パーフェクトな車中泊を目指すのは新型RAV4ではやや厳しいと認識して、楽しく過ごせるように工夫するのが最善です。

たまに車中泊をする時には、こういった部分は凌げると思うので、実際に車中泊をする前にこの点も把握しておきましょう。



新型RAV4で車中泊 オススメのグッズは?

車中泊をする時にオススメされるグッズには、どういったものがあるのでしょうか。

新型RAV4で実際に車中泊をしようと考える人は抑えておきたいところですね。

詳しくチェックしていきましょう。

座面をフラットに近付けるマット

引用:https://item.rakuten.co.jp/maxshare/a11011/

マットはシートを倒してできてしまう角度を和らげるのに役立ちます。

現在では、車中泊の定番アイテムのひとつとしても知られていますが、新型RAV4でも活用することが十分に可能です。

使わない場合に比べて、マットを利用したときの快適性は間違いなくアップするでしょう。

体への負担が軽減されるだけではなく、寝姿勢を快適にすることにも繋がります。

なので、新型RAV4で車中泊をしようと考える時には、こういったマットを利用することがオススメされます。

マット自体は、厚みが5~10cm程度のものが中心となっています。

そのため、マットを敷いても極端に厚みが出る訳ではなく、車中泊にも影響の出ることはほとんどありません。

プライバシーを守るカーテン

引用:https://item.rakuten.co.jp/aizu-rv/10003908/

車中泊では、どうしてもプライバシーを保護することは大事になります。

そういった部分では、カーテンを取り付けることもマストと言えるでしょう。

現在は、新型RAV4の車種専用設計のカーテンも多く販売され、簡単に設置できるものが主流です。

色々なタイプのカーテンが販売されていますが、新型RAV4の専用のものを選ぶのがベストな選択になると考えられます。

車中泊をする人の多くは、カーテンを使いながら安全に休息の取れる環境を作っています。

プライバシーを保護するだけではなく、外部の光を遮ることもできるので、街灯の近くでの車中泊でも安心です。

様々な面で機能的なカーテンも多く見受けられているので、是非取り付けてみることがオススメされます。

車中泊を充実させるポータブル電源

引用:https://item.rakuten.co.jp/kashima-tokeiten/hte032/?iasid=07rpp_10095___e0-k10sqs8e-2q-73896f71-69d4-41d6-b0f9-34cf5ae0944a

車中泊では、何かと電気用品を使うことがあります。

その際には、ポータブル電源を活用するという人も散見されています。

新型RAV4での車中泊でも活躍する見込みは十分にあり、購入する人も多くなっています。

電気製品の充電に使ったり、電源に繋ぎながら使用したりするなど、目的も多様です。

持ち運びできる電源は、少し容積が大きくなってしまいがちというイメージが強いものの、このポータプル電源はコンパクトなのが売りです。

新型RAV4での車中泊をよりグレードアップしたい人は、このような電源も用意しておくと良いのではないでしょうか。

新型RAV4での車中泊はまずまずであるとのレビューが中心

新型RAV4での車中泊に関して、ここまでチェックしてきました。

車中泊をすることは全然問題ないようですが、ミニバンのようにゆったりと休息できるスペースを取ることは難しいですね。

何もグッズを用意せずに車中泊しようとすると、傾斜によって体への負担が心配されるところもポイントです。

マットを用意するなどして対策すること、そして寝る際の姿勢を工夫することで、新型RAV4での車中泊はできるでしょう。

天井が比較的低く、圧迫感を感じることもあるので、その点は事前に注意が必要です。

また、完璧な快適さを実現させることも難しいので、その部分も納得して新型RAV4での車中泊を楽しみましょう。

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

RAV4が欲しい!

・・・・ですが、

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。