新型RAV4 で車中泊はどお?注意点は?




クルマの中で車中泊に憧れる人は多く、一度は試してみたいと考えた事はないだろうか。

車中泊をするには、メリットとデメリットどちらもあるのでしっかり理解して行わないといけません。

2019年に発売される新型RAV4の予想されるボディサイズを元に、車中泊が可能なのかを考えてみた。

下取りは一括査定のホームページでを利用しょう!

新型RAV4が欲しい!

1円でも安く手に入れたいですよね。

頭金には下取りは価格が大きく影響します。

トヨタのディーラーでは下取り査定は安く見積もりされます。

手軽に見積もってくれるインターネットの一括査定に依頼しましょう。

30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り、買取の専門会社が最大10社
あなたの車の買取価格をしてくれます。

専門の会社が競争で相見積するので一番、

高額な買取価格を見積もってくれたところを選べば得です。
最大10社が価格競争して結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

トヨタのディラー一社から提示された下取り査定価格は

本当にあてにならないのです。

迷わずネットの一括査定をされた方が

新型RAV4を賢く手に入れることができます。
無料の車の一括査定を要チェックです。

新型RAV4 ボディサイズで車中泊!注意点は?

 

2019年に登場する新型RAVのボディサイズは、先代の3代目モデルより大きくなる。

アウトドアや長旅の時などで、車中泊ができれば便利で経済的だ。

車中泊は実際人気があり、「男のロマン」「自分だけの秘密基地」など様々な捉え方があり車中泊を楽しむ雑誌もいくつも出版されているので、注目されているのは間違いない。

車中泊をするには、注意点やメリット・デメリットがあるので理解しないといけない

 

[ 車中泊できるクルマ ]

・足を伸ばすことができる

・身長180cmでも横になることができる

 

[車中泊での注意点]

・エンジンはかけた状態にしない

・事前に調査が不可欠

・車上荒らし

 

[ 車中泊のメリット ]

・経済的に凄く助かる

・いつでも移動が可能

・気軽にアウトドア気分を味わえる

 

[ 車中泊デメリット ]

・安全面

・準備を万全に行わないと失敗する

・トイレの確保

 

あまり気軽に考えすぎると、車中泊がきっかけで体調を崩してしまう原因になる可能性もあるので準備や調査が必要になる。

 

北米版RAV4の4代目モデル(ヴァンガード)での、車中泊実際にしているユーザーの口コミなどをインターネットで見る事ができるが、一緒に写真も見る事ができる。

とても広々とした室内空間での寝泊まは厳しいが、足を伸ばして大人でも横になることができる。

 

[ ヴァンガード スペック ]

全長4,570mm×全幅1,815-1,855mm ×全高 1,685-1,690mm

 

それを踏まえて考えると、新型RAV4は車中泊することができる。




新型RAV4 車中泊に適したシートアレンジできる?

 https://toyota.jp/

SUVのの種類の中で、マツダ「ヴェゼル」に「CX-8」や旧型の日産「エクストレイル」に旧型のトヨタ「ラウンドクルザー プラド」などでシートをフルフラットにすることができた。

旧型のラウンドクルーザー プラド95 後期モデルでは、シートのアレンジが可能になっていた。

ヴァンガードでも、3列目を綺麗に収納する事ができ2列目シートも3列目シートと同じ高さでたたむことができていた。

 

 

新型RAV4では、1列目と2列目のみの設定になり乗車人数は5人になっている。

2列目のシートをたたむと角度がついてしまう。

2列目のシートがスライドできれば、横になれるスペースを拡大できるが、その様な作りにはならないだろう。

 

写真撮影:M,M

シートアレンジの種類が豊富なのは、やはり「ミニバン」になってしまう。

2列目シートや3列目のシートには、移動dができるようにレールが装備されているので自由にスライドしてアレンジでき実用性にも優れている。

 

2列目のシートの座席クッションのみ跳ね上げる仕様になれば、スペースを簡単に広げる事ができるがSUVボディで採用されているクルマはいない。

運転席と助手席を、限界まで前にスライドさせれば隙間ができる。

隙間を埋めるクッションなどがあるので、隙間を上手にアレンジして2列目の座席を畳んだ時の角度が、どれくらいか見てみないと分からないが傾斜ならどうにかできるかもしれない。

 



新型RAV4 車中泊の人気グッズは?

 

車中泊で人気があるグッズは以下の通りになる。

  • 折りたたみまマットレス
  • 虫よけスプレー
  • ブランケット
  • 車内用 カーテン
  • LEDライト

 

車内泊するには、準備が必要だ。暖かい季節にするなら、虫よけスプレーが必需品になる。

寒い季節だと、厚手のブランケットや毛布などが必需品になる。

どんなにシートがフルフラット仕様でも、直接寝るには硬すぎて体に負担がかかってしまう。

1人用や2人用の折りたたみマットレスなどで、快適に休める環境を作ることができる。

 

 

写真撮影:M,M

クルマに透過率0%などのスモークを施工をする事はできず、車検も通らないので後から車検が通る範囲内で、スモークフィルムを施工してもらっても夜間は中が見えてしまう。

夜間の車内で、「ポータブルナビでテレビを見てる時の画面の光」や「携帯電話の光」に「LEDライト」などは外から光を確認する事ができる。

車内の光を完全に遮断するには、車内用カーテンがお勧めだ。

車種専用設計になっており、吸盤で貼り付けるだけで外から中を確認する事ができなくなる。

 

車中泊をする時は必ず「エンジンはかけっぱなしにしない」は注意しないといけない。

 

エンジンが長時間かかっている状態だと、排気ガスが車内に入り込んでしまい一酸化炭素中毒の原因になってしまう。長時間のアイドリングは、周囲に迷惑をかけ目覚めた時にはガス欠になっている可能性もある。

 

誤った解釈で、バッテリー上がりなどのトラブルや近隣の迷惑(停車している場所によっては)などの原因になってしまう。

決められたルールがあるので、守らないといけない。

車中泊グッズを購入する時は、インターネットで検索すれば沢山の種類の商品が出てくる。どれも値段が高くないので、自分に合った商品を探してみてはいかがだろう。

新型RAV4 SUVでの車中泊デメリットはあるの?

https://toyota.jp/

新型RAV4のボディサイズで、車中泊する事はできる。

全長が従来のモデルより大きくなっていても、車内の天井も一緒に高くなっていないので圧迫感はどうしても残ってしまう。

https://toyota.jp/

 写真撮影:M,M

新型RAV4の車体サイズに似ているSUVは、他のメーカーでも比較できそうなクルマがあるので、試しに大きさを確認してもいいかもしれない。

自動車を購入する時に、中々デメリットまで考えて購入するのは難しい。

新型RAV4は、エクステリアのデザインが高評価になっているので悪い部分が隠れてしまう可能性が高い。

 

[ 車中泊 デメリット ベスト3]

  1. 天井が低いので、圧迫感がある
  2. フラットにできても、そのままでは厳しい
  3. 一時的に車内で休むだけの使い方が適している

 

ミニバンで車中泊を行うユーザーは多く、天井は高く2列目シートと3列目シートをフラットにできる設定のクルマが多い。

ミニバンで車中泊を一度体験してみれば分かるが、快適に過ごす事のできる空間と収納スペースも確保する事ができる。

 

新型RAV4では、2列目のシートが完璧にフラットにならずに角度が付いた状態になりそうなので、本格的な車中泊を行うには少し不便になる。

収納スペースも助手席の上か足元のみになり、割り切って一時的に休むのに使用する分は新型RAV4でも満足する事ができるが、「リラックス」「広々とした空間」は厳しそうだ。

 

rav4https://toyota.jp/

国内のトヨタ ホームページの新型RAV4の画像ではUS RAV4とボディのフォルムが少し違った様に見える。

本格的なSUVとなって、様々な用途で活躍できるので期待しているが室内空間の広さの確認は、実際に見て確認して判断した方がいい。

新型RAV4 タイヤにホイール何がお勧め?標準サイズ判明!

新型RAV4 車中泊は可能なの?ボディーサイズなど様々な面から調査!まとめ

車中泊ができるクルマと、できないクルマを比べると車中泊ができるクルマの方がいい。ちょっとしたキャンプ気分を味わう事ができ、経済的で魅力に思える事が沢山ある。

販売店では、新型RAV4の展示や試乗で大きさが確認できる。

今回の記事の作成時点では、北米版のRAV4のボディサイズでの車中泊の快適性を調べている。

展示されている販売店の営業に新型RAV4を試乗して確認する。メジャーにて実寸サイズを計測すると見えないところも見えてくるので実践してほしい。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

RAV4が欲しい!

・・・・ですが、

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。