新型RAV4 タイヤにホイール何がお勧め?標準サイズ判明!




新型RAV4が発売され、各タイヤメーカーでRAV4に合ったタイヤが続々登場しています。

フルモデルチェンジして、イメージチェンジし更にカッコよくなった新型RAV4はタイヤの種類でまた違った雰囲気にすることができます。

タイヤにホイールなど何がお勧めかを、詳しくまとめてご紹介します。

下取りは一括査定のホームページでを利用しょう!

新型RAV4が欲しい!

1円でも安く手に入れたいですよね。

頭金には下取りは価格が大きく影響します。

トヨタのディーラーでは下取り査定は安く見積もりされます。

手軽に見積もってくれるインターネットの一括査定に依頼しましょう。

30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。
一括査定サイトを使うことで、
大手下取り、買取の専門会社が最大10社
あなたの車の買取価格をしてくれます。

専門の会社が競争で相見積するので一番、

高額な買取価格を見積もってくれたところを選べば得です。
最大10社が価格競争して結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

トヨタのディラー一社から提示された下取り査定価格は

本当にあてにならないのです。

迷わずネットの一括査定をされた方が

新型RAV4を賢く手に入れることができます。
無料の車の一括査定を要チェックです。

新型RAV4 タイヤは何を選べばいい?

 

https://toyota.jp/rav4/index_b.html

新型RAV4では、タイヤサイズによって泥道や岩場で走ることができる「オフロードタイヤ」に、街乗りで使う「低燃費タイヤ」どちらも装着することができる。

オフロードタイヤでも種類があり、走破性に特化した性能がある「マッドテレーン」に燃費性能の性能がある「オールテレーン」に冬場でも滑りにくくなっている「マッド&スノータイヤ」などノーマルタイヤにはない性能を兼ねそろえている。

ノーマルタイヤでも、「スポーツ」「低燃費」など様々な種類があり悩んでしまう。

 

オフロードタイヤ

・タイヤ1本の価格が高い

・タイヤの種類によっては、通常より多めの空気圧になる

・ウェット性能に期待できないので、走行中注意が必要

・燃費が悪くなる

・ロードノイズがうるさい

 

ノーマルタイヤ

・ウェット性能にドライ性能どちらも優れている

・沢山の種類があるので、種類によって性能が全く違う

・低燃費タイヤでは、燃費向上を助けてくれる

・交換シーズンが3~4年

・摩耗しやすく、タイヤの種類によって寿命が短い

 

タイヤのデザインから機能や性能などが、全く異なっている。

新型RAV4の同じタイヤサイズの設定があれば、どこのタイヤでも装着することができタイヤの価格もお手頃な価格から探すことができる。

 

[ RAV4 ADVENTURE ]

235/55R19

[ RAV4 G”Zパッケージ” ]

235/55R19

[ RAV4 HV HYBRID   G ]

225/60R18

 

~新型RAV4 タイヤ 標準サイズ~

 225/65R17

 225/60R18

 235/55R19

 

新型RAV4のタイヤサイズは、上記の設定になっている。




新型RAV4 オールシーズンタイヤなどがお勧め??

写真撮影:M,M

[路面状況や使用には注意が必要]

冬タイヤのタイヤの性質は、夏タイヤと違います。乾いた路面・濡れた路面どちらも夏タイヤと比べれば制動距離が長くなってしまいます。インターネットで沢山の動画が観覧できるので是非一度、確認してみてください。

 

[ 夏タイヤでの雪の上は走行できる]

走行することは可能です。しかし、常に「滑る」といった不安が付いてきます。走る事ができても、停まることができずに最悪事故の原因にもなります。

 

[オールシーズンタイヤでも、雪の状況で全く無意味になる]

雪が積もっている状態の道路では、難なく進むことができます。凍った路面での走行は、苦手とされています。降雪地域では、オールシーズンタイヤよりスタッドレスタイヤが安心です。

 

SUVのタイヤは、大きめのサイズが多くなっている。

タイヤ交換をすることが必要ない、オールシーズンタイヤは既にバスやトラックなどに採用されている。

特殊のトレッドパターンと最新のゴムの技術が組み合わせられ、春夏秋冬のオールシーズン走行できるので魅力的になっているが苦手とする路面状況もあることを忘れてはいけない。

 



新型RAV4 スタッドレスタイヤのお勧めは?

https://toyota.jp/rav4/index_b.html

スタッドレスタイヤの購入は、まだまだ先のことなので考えるのは早すぎないかと思ってしまいがちだが実際は8月頃からスタッドレスタイヤの早期予約が開始される。

4月10日に正式に発表されて、新車を注文すれば2ヶ月以上納車に時間がかかるかもしれない。

6月頃に納車されれば、8月まで2ヶ月しかない。事前にどこのメーカーを選ぶのかを決めていれば、通常の値段よりも安く購入することが可能になっている。

 

[ スタッドレスタイヤの大体の流れ ]

8月・9月頃  早期予約で割引に期待ができる

10月・11月  各量販店が、チラシを出す

12月     安いタイヤは売れ、高いタイヤのみある

1月     スタッドレスタイヤの値段が通常の値段になる

 

 

スタッドレスタイヤの大体の流れは、雪が降る県を参考にしています。量販店で以前働いていたので大体の流れは把握しています。しかし、雪があまり降らない県だと全く違う流れになりスタッドレスタイヤの1本の値段も高いです。

 

写真撮影:M,M

[ お勧めタイヤメーカー ]

1. ブリジストン

2. ヨコハマ

3. ミシュラン

4. ダンロップ

(225/65R17場合)

 

ブリジストンタイヤは、装着率NO.1の安心できるスタッドレスタイヤでタイヤの価格は割高になっている。

雪道でも安全に走行することができ、雪国では人気のメーカーだ。

ヨコハマタイヤのスタッドレスは、ブリジストンより少し安く購入することができタイヤの性能やグリップ力はバランスが良く人気がある。

ミシュランタイヤの性能は、ブリジストンタイヤよりさらに上をいくと言われている。スタッドレスタイヤの上位ランクになると、性能は似ている。

ダンロップタイヤやヨコハマタイヤなどは、他店と金額交渉しやすい傾向があるので早め早めの行動をすれば安く購入することも可能だ。

ブリジストンタイヤの値引きは、需要がある県でも期待することが年々できなくなってきている。

ミシュランになると、限られた店舗での取り扱いになることが多いので更に値引きに期待ができにくい。

新型RAV4 タイヤにホイールを安く購入して費用を抑えるには?

https://toyota.jp/rav4/index_b.html

1. 冬タイヤは、なるべく早い時期から見積もりを行うことを心掛けましょう

2. ホイールの価格は、インターネットで購入するのが一番安いです。

3. 組替え工賃も依頼する所によって、費用が異なります。

4. インチアップするので、新車購入時に装着していたタイヤが不要になる場合はオークションなどで売るのがお勧めです。

 

新型RAV4の夏タイヤの種類は、沢山あるので選ぶことができる。

購入する販売店で、それぞれ取り扱いしているブランドや値引きしやすいブランドは全く違う。

一度見積もりをもらい、値段が安いか分からない時は他店で値段を比較してみよう。

ホイールも同じように、低価格(重量が重い)や高額(ブランドや軽量)から自分好みを選択することができる。

 

中古商品を取り扱う専門店でも、状態が良いタイヤ+ホイールセット品を探すこともできる。

購入するにも沢山の方法があるので、なるべく損をしないように事前に調べて購入するのがいい。

 

番外編 ホイール選びでの注意点

https://toyota.jp/rav4/index_b.html

新型RAV4のホイールは、安くて新品ホイール4本で5万円~6万円はする。

インターネットで購入すれば、店頭よりも安く購入できる可能性は非常に高い。

しかし、ホイールそのものを確認することができないので傷を発見した時は、少し面倒になる。

できれば、自分の目で確認して購入すれば安くホイールを購入するには

 

1. ホイール専門店などで、長期間在庫になっているのを探す

2. オリジナル ホイールを選ぶ

3. 中古品を取り扱っている店での購入

 

オークションで上手く落札できれば、人気のあるブランドでも通常よりも安く購入することができる。

ホイールの種類によっては、少しの傷で腐食が始まり数年で使用できなくなるまで簡単にボロボロになってしまう。

掲載されている写真だけでは、傷や状態を判断することが非常に難しいのでお勧めできない。

インターネットで新品ホイールを購入する時は、実績のある専門店などを選ばないと新型RAV4の従来のモデルとはサイズなどが変更になっている。

サイズ情報が少ないので間違えなどが発生してしまう可能性がある。

新型RAV4 タイヤにホイール何がお勧め?標準サイズ判明!まとめ

今回の記事の内容は、消耗品のタイヤやホイールを中心に書きました。

ホイール自体の値段が安い時期は、販売店によって異なるのでチラシやホームページなど小まめに見るのがお勧めです。

タイヤが安く購入できる時期は、住んでいる地域によって大体の流れがあります。

専門店などで確認すれば、教えてくれるので少しでも安くて良い商品が購入できるように下調べはしといた方がいいです。

カスタムするのに重要なホイールマッチングの情報は、少ないので販売店にお願いすれば適正サイズを調べることもできるので気になれば専門店に行ってみるのもいいかもしれません。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

RAV4が欲しい!

・・・・ですが、

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが
買取業者では80万円になることも

多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。